「2交替制」のシフトを採用する病院が増えてきました

患者の急変も少なくありません

病棟勤務の看護師は、交替勤務を行うのが通常です。病院には入院している患者がいるので、病院は24時間365日休むことなく活動しています。

施設によって勤務時間に違いはありますが、2交替の場合は、おおよそ8時〜17時ごろの勤務となり、16時30分から翌朝9時ごろまでが夜勤となります。

夜勤が終了した日を「明け」と呼び、2交替勤務を行っていれば、明けの日は翌日の朝まで勤務はありません。

3交替の場合は8時〜17時が日勤、16時30分〜0時までが準夜勤、23時30分〜翌朝9時が深夜勤という勤務時間になります。3交替制を行っている場合は、深夜勤と日勤が続くことはありませんので、深夜勤が終了した日を「明け」と呼びます。

2交替勤務であれば、それほど複雑ではありませんが、3交替勤務は、看護師の勤務表は非常に複雑になります。よって、看護師の希望を100%活かした勤務表を作成することは困難となります。しかし最近は休み希望を○日までと決め、管理職に事前に提出することで、その希望を取り入れた上での勤務表を作成してくれる施設もあるので、複雑な勤務表を毎月苦心して作成してくれる管理職はとてもありがたい存在です。

勤務中には予定通りの業務だけでなく、患者さんの急変への対応や、ナースコールの対応など、随時発生する業務もあります。また、看護師の役割の大切な部分として、患者さんとのコミュニケーションを図るということがあります。特に入院中は、検査や手術への不安を抱えている患者さんも少なくありません。そうした患者さんの訴えに耳を傾け、話を聞くことを「傾聴する」といいます。

看護師同士で患者さんのカンファレンスを開催したり、チーム医療の一環として患者さんについて治療方針の確認や意見交換を他職種と行う時間が設けられることがあります。このようなカンファレンスでは、自分の受持ち患者さんについての情報を看護師としての視点で十分に収集し、発言することが大切です。自ら得た情報は、チーム全体で共有することで患者さんにとって最善の治療方針を決定する一助となるからです。

時として看護師は、患者さんの意見をチーム全体に伝えることがありもあります。医師の前ではいえなかった患者さんの希望を、看護師が代弁することも少なからずあるでしょう。1日のうちに行った看護業務をカルテに記入し、次の勤務帯の看護師に申し送りを行い、その日の業務は終了となります。