がん患者の心身の苦痛な症状を和らげるケアを提供します

その人らしい最後を大切にします

「緩和ケア」はがん患者の心身のつらさを和らげ、その人らしい生活を大切にする考え方です。

緩和ケア病棟は、がんの治癒を目的としたものではなく、苦痛を取り除き、可能な限り、その人らしく快適な生活を送れるように専門的なケアを提供することで、患者さんと家族の療養生活の質を高めようという目的で作られています。

ここ宮城県には宮城県立がんセンター東北大学病院光ヶ丘スペルマン病院の3つ医療機関に緩和ケア病棟があります(2013年末現在)。

緩和ケア病棟で働く看護師は、医師や薬剤師と協働しながら、がんによる痛み、吐き気、不眠などをきっかけに入院してきた患者さんの苦痛な症状を和らげるためのケアを行います。

ここで大切なのは病気や症状など身体の問題だけでなく、心理社会的問題、精神的な問題にも目を向けるということです。例えば、がんの進行に伴い痛みが激しくなったり、呼吸困難などの症状が出て、今までは可能だった歩行や食事も難しくなってしまうことがあります。

このように従来の生活ができなくなると、患者の不安は更に強まり、さまざまなつらさを感じるようになり、精神的に不安定になってきます。看護師は、患者さんや家族との普段のケアや会話の様子を他のスタッフへ説明したり、必要なケアの調整を行い、その患者さんが少しでも落ち着けるようにサポートしていきます。

入院生活を送る患者さんのQOLを保てるように、病室で音楽療法を行ったり、お茶会を開催したり、ペットと触れ合う時間を設けたり、季節に応じた写真や絵、花を飾るなどの入院環境の整備を行うことも看護師の大きな役割となります。

緩和ケア病棟の看護師は、最後までその人らしく過ごせるように患者さんが亡くなる時期もケアを行います。家族にとってはつらい時期になりますので、家族の気持ちに寄り添い、患者との付き添い方などのアドバイスを行います。